光司広場II

和田光司offical blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q&A

状況、環境は違えど大変な思いをしてる方は沢山いらっしゃると思います。

僕が話す事は正しい、正しくないの話しではありません。僕が感じた事、思った事です。

物事には実は正解、不正解もないのかもしれません。自身がそうと決めた事、選んだ道、それが正解なのだと思いました。そしてそれが間違っていてもいいんです。誰だって間違うんです。間違いだと思ったら修正を加えていけばいい。その先には必ず成長が待っているんです。

気楽に行こう。



ネガティブな時はネガティブでいいと思いますよ。何も悪くない。それが当たり前なんです。無理に元気を出そうとか取り繕う事はない。ずっとネガティブなり落ち込み続けてる人なんていない。いずれ時か人か自身かに救われるんです。


沈んで沈んで、泣いて泣いて悲しみ苦しんだら、また少しずつ這い上がっていきましょう。


「時が解決する」ってよく聞きますが、なんとあやふやで身勝手な言葉であり「事」だと思っていましたが、それも確かにあるな~なんて最近、改めて思いました。時の経過と共に自身の考え方が変わったり相手が変わったり状況、環境が変わったり。それで改善される事もあるなって。



さて、Q1として副作用についてですが、僕の副作用は10年前の最初の病気から始まってる。

その時の放射線治療の影響で今も唾液があまり出ない。だから口の中がよく乾いたり、飲み物がなければ食事を取る事も出来ない。それは今後も治らないと言われた。そしてその時の手術や治療の影響なのか右耳は10年前から耳管開放症を患ってる。今回の治療では薬の影響による手足の痺れやダルさや気持ち悪さもなどが今もある。今回は初めて薬での完全脱毛も経験した。今でもその影響は残ってる。結構、当時のスキンヘッドは似合ってたと思うけどね(笑)

いろいろあるけど、だけど歌える。

だから歌うんです。

その苦しみを純粋に苦しみとして受け止めてしまえば、確かに苦しい。

たとえば、病気を患ってしまった事、治らない副作用に対してずっと抗い怒りと悲しみをぶつけても残念ながら何も変わらなかった。

だから「まぁ、しょうがないな~」っでいくしかなかったんです。でないと心も疲れちゃう。


僕も今回の病気当初や入院当初はとてもそんな気持ちにはなれなかった。毎日が不安と恐怖と脱力感から自分以外の人を受け入れる事があまりできなかった。それどころか何もされていないのに身近の人たちが批判対象にまでなった。そして自分自身を何度も罵った。体も心も病んでたんだ。

その頃の自分はどうかしてた。本当にそう思う。

だから、怖くて怖くて、悲しんで悲しんで、泣いて泣いて月日を過ごしたら、塞ぎ込んでいた殻からちょっと抜け出したんだ。


その時に思った言葉が、のちの自分自身を楽にしてくれた。



「落ち込んで治るなら落ち込んでいましょう。泣いて治るなら泣いていましょう。それで治るならずっとそうするでしょう。そうでないのなら、できるだけ笑い楽しく生きてみましょう。」



僕はこの思いを大事に今も生きてる。


それまではね、人から「頑張れ」、「頑張って」っと言われるのがとても嫌だったんだ。何を頑張るんだ!!??(怒)ってね。だけど、気持ちが変わってから、気付いたんだ。回りの人たちはその言葉をかけることが精一杯だったんだ、って。

怒りが感謝に変わった。勝手なもんだよ人って。自分だけど(笑)

そう思うようになった時、本当に苦しいのは当の本人ではなく回りの人なんだと思った。

僕はね。



そして親や人のせいにする時や時期はある。そんなの僕だってある。いっぱいあるある。誰だってある。


そして障害者と健常者ですが、同じ境遇の人を嫌悪してしまったり・・・神様じゃないからそんな事を思う時だってあるでしょう。いつもずっと正しい人間なんていないと僕は思ってるんです。だけど、気づき見直していける人間はいる。同じ境遇の人に嫌悪を抱いた・・・それをここで伝えた勇気。そして、その事に苦しんだその心、とっても素敵だと僕は思いますよ。だからといって何かをしなきゃいけないとか、そんな事ではない。その心があるだけで、まずはいいんです。いつも優しくなんてできないですよ。僕も入院してる時、僕よりも若い患者さんが入院してきてね、またよくしゃべる。何度も面倒臭いと思ったよ(汗)。



Q2として、何か止められている事や止められた事などありますか?



僕の場合は主治医から止められてる事は何もない。食事にしても何も制限もないし、お酒も別に何も言われない。だけど、食事の内容にはちょっと気を使うようになったな。添加物いっぱいなモノはあまり食べなくなったし、野菜をよく食べるようになったというか食べるようにしてる。水も水道水は飲まなくなったな。あと黒にんにくは毎日食べる。

何か効果があるかどうかなんて分からないけど、まず試しにやってみる。ただそれだけ。効けばラッキー、あまりと感じれば次を試す。


根を詰めずに気楽にやれれば☆☆・・・


今も、そして未来もたぶん、そう思っていると思います。
スポンサーサイト

コメント

私は何と言っていいのか分からない。そして、僕の日本語は良い答えを書くことは十分ではありません。
ご迷惑をおかけしましてお詫び申し上げます。
あなたへたくさんの「頑張って」メッセージを書きました。
>__<)

あなたはとても強い人です。
すべての問題と悲しみがあっても、あなたは、未来に目を向けることができます。

私は何も助けることはできません。
でも僕は。。。僕たちはあなたのためにいつもいつまでもあなたのために応援します!

Please, keep looking to a bright future.
Do what will make you happy.

歌はあなたが幸せになります場合は、歌う。
あなたのライブもう一度う行きたい。

We Love you.
Always be with you.

和田さんの率直な気持ちが聞けて嬉しいです。

そして頑張ってとしか言えなかった僕たちに対してのお心遣いに感謝します。

歌い続ける以上は今後も様々な問題があると思います。

でも僕たちも和田さんの歌が大好きなんです。

だから、頑張ってくださいと言います。

和田さん、頑張ってください!!これからもずっと応援しています!!!

よく分かりました、そのイライラ気持ち。ですが「けして立ち止まらない。一歩でもいい」と言う気持ちになって、どうにでも「明日まで生きよう」。
「やれる事をやる。やれる時にやる。やれない事を考えないで」
今はそんな気がします。
私の場合は健康でなく、仕事のことだから、ちょっと違うかなぁと思いますがどこの世にもいっしょだと思います。
和田さんは今もう帰って良かったと思います。
私も歩いて続けるような気がします。

これからも健康に気を付けましょう。

感動しました

和田さんの偽りのない言葉を読んで涙が溢れそうになりました。私自身も辛い時がいろいろあったから、すごく共感しました。
和田さんはもう十分勇気があると思います。それでも歌いたい気持ちが何より一番感動します。
これからも和田さんの健康を祈ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

気楽に、ですね☆

和田さん。
ありがとうございます。

なんと言葉をお返ししたら良いのか…。

和田さんに出会えて本当に良かったです。

本当に本当に、ありがとうございました☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Profile

wadakoji

wadakoji

和田光司のオフィシャルブログ。
1974.1.29生まれ 
京都府福知山市出身 
B型 
デジモンアドベンチャー主題歌「Butter-Fly」で
1999年メジャーデビュー。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。